活用方法も多種多様!!簡単に製作できるオリジナルバンダナ!!

オリジナルバンダナは、様々なシーンに活用できるアイテムなので、記念品、ノベルティー、グッズ等、幅広いシーンで活躍しています。ここでは、オリジナルバンダナ製作の魅力や、製作方法についてお届けします。

オリジナルバンダナとは?

バンダナ

バンダナは、老若男女全ての人が活用できるファッションアイテムです。バンダナのサイズは、ハンカチよりも一回程度大きく作られているので首・頭・腕等、色々な所に巻いたり被ったりしてオシャレを楽しむ事ができます。その他にも、お弁当包みに使用する等バンダナの活躍の場は沢山あります。バンダナと言う語源は、ヒンディー語で絞り染めを意味するバンドゥヌという言葉が元となっています。かつては、木綿布を絞り染めしてバンダナは作られていましたが、今の主流はプリント印刷になっており、写真や絵等を転写したバンダナもラインナップされています。

オリジナルバンダナ

オリジナルバンダナと言うのは、自分で好きなイラストや模様を考えてデザインしたものを、バンダナにプリントして制作したものになります。バンダナは大判な正方形布なので、幅広くデザインする事ができイラストや模様等を沢山入れる事ができます。また、バンダナは一つのファッションアイテムなので、派手な柄や個性的な絵をデザインしてプリントするのも素敵です。

オリジナルバンダナの活用方法

オリジナルバンダナは、既製品ではない自分達が特別に作ったオリジナルアイテムになります。なので、卒業式や大会等の記念品になったり、ノベルティグッズとして活用したり、イベントのアイテムの販促品になったり、活用シーンは様々で多岐に渡ります。この他にも、ゲームの景品や結婚式の引き出物等で、オリジナルバンダナを制作する事もあります。

オリジナルバンダナ制作のメリット

バンダナと言うのは、特に性別や年代を限定する事無く、誰でも自由に活用する事ができるアイテムです。ファッションアイテムとしてのイメージが強いかも知れませんが、ファッションアイテム以外にもハンカチ代わりに使ったり、包み布に使ったり、三角巾になったり、活用の幅が広いので何枚あっても困らない便利アイテムです。それに、バンダナには特に流行も無いので、例えば、ノベルティグッズとしてオリジナルバンダナを制作する場合、長期間にわたって配り続ける事ができます。季節物のうちわ等でも無いので、季節問わずにオールシーズン活用できる所も嬉しいポイントです。また、バンダナは木綿製品になるので制作費用も割安で、直射日光での色褪せや湿気に注意すれば、保管に場所を取らない部分も良い所です。

オリジナルバンダナの製作方法とは?

オリジナルバンダナの製作方法には、2通りの方法があります。まず1つ目は、転写シートや専用インク等を用いて家庭で自作する方法です。近頃の家庭用プリンターは高性能になっているので、布にもデザインをプリントする事もできます。この方法は、オリジナルデザインのバンダナをいつでも製作する事ができます。しかし、オリジナルバンダナを大量生産する事には向いていないので、オリジナルバンダナを10枚以上製作したい場合には、二つ目の方法として、専門業者に製作依頼するのがお勧めです。専門業者では、オリジナルバンダナも10枚~、20枚~と言うように、小ロット生産の注文も受けてくれる所もあります。

①オリジナルバンダナ製作を依頼する専門業者を選ぶ

オリジナルバンダナを製作してくれる専門業者は多くあります。それぞれの業者によって、注文依頼を受け付けてくれるロット数、プリント方法、納期等も変わってきます。因みに、バンダナ製作では大量製作する程に、バンダナ一枚当たりの価格はお得に安くなります。なので、例えば、イベントのノベルティアイテムを製作する等の場合には、大量生産を受け付けている業者選びがポイントです。また、オリジナルバンダナを10枚~製作してくれる等の小ロット専門業者もあります。それぞれの業者では自社HPを作成している所も多いので、業者のHPを見ながら最適な業者探しをするのもお勧めです。

②オリジナルバンダナのサイズ・プリント方法を決定する

オリジナルバンダナのサイズの標準は、53㎝×53㎝が一般的になります。業者によってはサイズが52㎝×52㎝と言う場合もあります。ハンカチとは違ってバンダナ製作では、あまり小さいサイズのものと言うのは製作する事ができませんが、50㎝・55㎝等のバンダナを製作している業者もあります。なので、標準サイズ以外でオリジナルバンダナ製作したい場合には、業者に問い合わせてみたり相談してみたり、製作可能であるか聞いてみるのがお勧めです。

オリジナルバンダナのプリント方法

インクジェットプリント

インクジェットプリントは、布に直接インクを吹きつけてプリントする方法です。なので、写真等もそのままバンダナにプリントする事ができます。フルカラープリントでオリジナルバンダナを製作したし場合には、価格が安価になるのでお勧めです。ですが、ゴールドやシルバー等にカラーはプリント不可となっており、また、布地が紺や黒の場合は発色が上手く出ない事もあります。

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、使用するカラーごとに版を用いてインクを乗せ、バンダナにプリントしていく方法です。この方法の場合、どんなカラーでも使用する事ができるので、ラメ加工も可能だったり、バンダナカラーに発色が左右されたりする事もありません。ですが、カラーごとに版が必要になるので多くカラーを使用する程、値段は割高になります。黒っぽいバンダナに白一色でプリントしたい場合には、シルクスクリーンプリントはお勧めです。

③オリジナルバンダナにプリントするデザインを決める

オリジナルバンダナ製作では、大きなイラストや写真を布全面にプリントするのも良いですし、小さな模様を散らしたデザインもオシャレですよね。例えば、ノベルティアイテムの場合には、企業マークや名前等をデザインに取り入れるのもお勧めです。また、各業者ではデザインデータのサービス提供を行っています。なので、デザインのアイデアが上手く浮かばない場合には、データを活用するのも一つです。デザインデータの入稿方法は、業者によって違うので、活用できるソフトや拡張子等の確認は必ず行うようにしましょう。

また、オリジナルバンダナのデザインにも著作権があります。例えば、ネット上で素敵なデザインを見つけた場合でも、勝手な流用はできません。著作権フリーの場合でも商用利用ができなかたり、メーカーで独自規約を定めていたりするので、確認してから作成するのがポイントです。

④オリジナルバンダナの見積もり・納期を確認・依頼

オリジナルバンダナにプリントするデザインやサイズ等が決定したら、製作費用の見積もりや納期を出してもらいましょう。その内容に納得した上で、正式に業者依頼します。また、追加注文予定がある場合、割引製作してもらえるかの有無も確認しておくのがお勧めです。オリジナルバンダナ製作費用は各業者で異なりますが、デザイン料込みでバンダナ一枚当たり約500円~1000円程度が相場となっています。大量注文した方が一枚当たりのバンダナ単価は安くなります。業者HPからお手軽に製作申し込み可能な所もあるので、気軽に利用する事ができます。

⑤オリジナルバンダナ製作の注意点

オリジナルバンダナ製作では、使用するカラー数・プリント方法・バンダナ生地等によって価格には変動があります。なので、同じようなバンダナであっても製作費用が異なるので、必要であれば業者にサンプル品を製作してもらうのも一つです。また、デザインをPCで行った場合、液晶画面上と実際の発色では異なる事もあります。こちらに関しても必要であれば、サンプル品を製作してもらってカラー校正を行うのがお勧めです。

まとめ

一般的なバンダナと言えばペイズリー柄のイメージが強いですが、現在はライブ・コンサートグッズ・ノベルティアイテム等、このようなオリジナルグッズではデザイン性の高いものが定番になっていますよね。実用的にもファッション・アウトドア・インテリア等、色々なシーンで活躍するアイテムとして人気です。このように、オリジナルバンダナはオリジナルグッズとして長く使える価値あるアイテムです。是非、皆さんもオリジナルバンダナを作って色々なシーンに役立てみて下さいね。